運動プログラム

みんなで3色ラリー(卓球経験がある人むけ)

参加者全員が1チームとなり、チーム内でラリーを続けるゲームです。できるだけ相手が打ち返しやすい返球をするのがポイントです。チーム全体でラリー数を数え、チームの一体感も味わえます。

用意するもの
  • 卓球台
    (ネットがあればテーブルなどでも代用できます)
  • ラケット人数分
  • 卓球ボール
    (大きくて軽いラージボールは初心者や高齢者に適しています)
所要時間の目安、人数
  • 15分程度
  • 1チーム6人〜10人程度。および球出し1人。

基本ゲーム

  1. 1人が球出しを行い、参加者が順番に1球ずつ返球します。(図1)

  2. 返球したら、卓球台の周りを回って、列の一番後ろに並びます。(図2)

  3. ラリーが続かなくなったらゲーム終了。

みんなで3色ラリー 基本ゲーム

ラリーのポイント

●勝つために打つのではなく、なるべく長くラリーを続けることが重要です。
●なるべく相手が打ち返しやすい場所に打ってあげることがラリーを続けるコツです。
●フォアハンドラリーは相手のフォア側(からだの正面側)の枠線内を狙うようにしましょう。
●球出しの速度に合わせて返球するとリズムよく続きます。

【注意点】
順番を待っているときには、ラリーのじゃまにならにように卓球台から離れましょう。
卓球台の近くに立っていると思わぬケガをすることになります。

 

栄養ゲーム

  1. ラリーを始める前に、食べもののはたらきの3色(赤・黄・緑)のうち、1色を指定します。

  2. 1人が球出しを行い、参加者は、返球する前に指定された色(赤・黄・緑)のはたらきの食べものを答えてから、1球ずつ返球します。

  3. ゲームの進め方は、【基本ゲーム】と同じです。1人が1球ずつ返球したら、卓球台の周りを回って、列の一番後ろにつきます。

  4. ラリーが続かなくなったり、指定された色の食べものが答えられなかったらゲーム終了。

みんなで3色ラリー 栄養ゲーム

 食べもののはたらき

栄養バランスの基本となる「赤・黄・緑」を覚えて、健康なからだづくり!

健康なからだづくりのためには、子どもも大人も、毎日の食事の栄養バランスが大切です。「赤・黄・緑」は、小学校で学習する『食べもののはたらき』の3つのグループのことで、各色のはたらきと食べものを覚えるのに役立ちます。

大人も子どもも不足しがちです。積極的にとりましょう。
肉や血となって、からだをつくる食べもの。卵、肉類、魚類、乳製品など。

からだを動かす元気のもととなる食べもの。ごはん、パン類、めん類など。運動せずにとりすぎると肥満の原因になるので注意しましょう。

からだの調子を整える食べもの。野菜、きのこ類、果物など。
とくに高齢者が不足しがちなので気を付けましょう。

ほかのヘルシーキッズ健康卓球