調べ学習・自由研究

日本人の食事摂取基準[ニホンジンノショクジセッシュキジュン]

日本人の食事摂取基準は、法律(健康増進法)に基づいて、国民の健康を目的とした理想的なエネルギーおよび栄養素の量の基準を定めるものです。5年毎に見直しが行われ、厚生労働省が発表します。
最近では、2015年に見直され、成人の生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病、慢性腎臓病)の発症予防、重症化予防および小児期からの生活習慣病の予防を観点とした改定が加えられました。
「ネスレ ヘルシーキッズ プログラム」の栄養教材は、「日本人の食事摂取基準」に準じてつくられています。